HOME > 採用情報 > 先輩社員紹介

愉快で頑張り屋さん達の先輩社員の声

株式会社奉仕社は、素直で頑張り屋さんの社員の皆様によって支えられています。若く勢いがあり、たまにミスもしますが、それでも心が綺麗な人たちが集まっていることが会社の自慢です。ここでは当社で働く愉自慢の先輩社員を紹介いたします。入社動機はそれぞれ違っていますが、今では会社にとってなくてはならない社員に成長した人たちばかりです。

営業スタッフ 熊倉 隆光 2017年 新卒入社

< 入社のキッカケ >
 入社の決め手は、地域密着型の企業であること(私は転勤がちょっと・・・)、そして、会長が社員のことを本当に考えてくれていることを感じたからです。社内の親睦会や飲み会は、会長自らが企画していると聞いて、びっくりしました。(入社して、それが本当とわかってから、さらに入って良かったと感じました。)説明会から個別説明会、面接で会長からのお話を聞いて、もともと志望していた金融ではない奉仕社を選ぶことに、悩みもまったくありませんでしたね。

<入社してからのエピソード(嬉しかったこと、苦労したこと)>
 入社後に嬉しいことは、社内で働いている皆さんのチームワークが良いことですね。先輩をはじめ、同期や若手同士で刺激し合いながら、仕事を楽しんでいます。もちろん、お客様にお役立ちする為にはこちらも一生懸命に学ぶことも必要です。入社してしばらくすればお客様を自分で担当することになり、そばで教えてくれる先輩から多くを学び、その知識をお客様への問題解決へとつなげていくことが、現在の私が取り組んでいることです。奉仕社の仕事は、人として成長したい人にとって最高の環境だと思いますよ。

熊倉 隆光

営業スタッフ 丸山 翔平 2013年 入社

< 入社のキッカケ >
 会社説明会で加藤会長のお話を聞いたことが直接のきっかけです。新潟から全国・全世界のモノづくりを支える意気込み、商品を売るだけでなく、地域貢献を目的とした技術セミナーの開催など、この会社は将来も世の中に必要な会社であると学生ながらに感じました。それに、私は新潟が好きなので、ずっとこの地で働けるという点も大きな入社の決め手でした。

<入社してからのエピソード(嬉しかったこと、苦労したこと)>
 入社してまず驚いたことは、会社が社員を大切にしていることですね。営業の私は、乗用車を支給され、アパート代を半分出してくれるという点もびっくりしました。そんな安心して働ける環境ですから、後は私がしっかりとお客様にお役立ちできるようになるだけと、入社後の考え・行動は非常に明確ですよ。先日も私の親ぐらいの年齢離れたお客様から、お悩みを相談され、私が提案した商品で問題が解決できました。その時にお客様からかけていただいた言葉は今でも心に残っています。奉仕社のお客様は法人のしっかりした企業様が多く、お客様も皆さん紳士で、社会人なりたての私を成長させてくれる本当に良い人ばかりですよ。

丸山 翔平

営業スタッフ 渡辺 樹大 2017年 新卒入社

< 入社のキッカケ >
 チョット不純な入社動機かも知れませんが、海外旅行やご家族も含めた社内懇親会等があり、この会社は社員のことを大切にしている会社だと感じた点です。私はずっと1社で働ければよいと考えていて、入社する会社は楽しい雰囲気のところにしたいと思っていたからです。入ってみると思った通りの会社でしたよ。

<入社してからのエピソード(嬉しかったこと、苦労したこと)>
 やはり1番の思い出は、入社年でいきなりの会社全額負担の海外旅行のプレゼントですね。はっきり言って、無茶苦茶モチベーションがあがりました。  仕事では、奉仕社が地域貢献を目的として開催している【にいがた生産技術セミナー】が、会社として素晴らしい取組です。毎回、京セラ様など日本を代表するメーカーから講師をお招きして、専門的な技術知識を習得する場を提供しています。この取り組みは同業他社で行なっているところはなく、自然とお客様とのつながりをもつ機会となっています。奉仕社の営業は飛び込み等もなく、お取引先や技術セミナーで関係を持った法人企業様への営業活動になり、とても楽しいですよ。ものづくりが好きな人であれば、業界知識がなくても全く問題ありません。

渡辺 樹大

業務スタッフ 三本 直実 2011年 中途入社

< 入社のキッカケ >
 燕市の周辺で仕事を探しているときに、株式会社奉仕社の求人に偶然出会ったことがキッカケです。それまで、奉仕社のことは知らなかったですし、「 エンジニアリング商社とは? 」とう感じでした。ただ、私はずっと燕市で働きたいと考えていた為、転勤がないという理由で軽い気持ちで面接にいったことを覚えています。そこで出会った加藤会長の話は、それまで仕事に対してボヤっとしていた私を完全に目覚めさせてくれるものでした。明確なビジョン、仕事と人生等、この人についていけば一生安泰と感じ、その瞬間に入社を決めたことを今でもよく覚えています。

<入社してからのエピソード(嬉しかったこと、苦労したこと)>
 苦労したことは、専門用語を覚えることですね。お客様に役立つためには、沢山の種類の機械や工具の型番を覚えなければなりません。中途の私は全く業界外から来たため、その点がとても苦労しました。それでも、先輩社員の皆様が優しく教えてくれたので、働いているうちに自然と覚えることができましたね。そうしている内に、徐々にお客様にお役立ちできるようになって、自信が芽生えてからは覚えることが楽しみに変わりました。やはりお客様に喜んでいただける瞬間はこの仕事のだいご味ではないでしょうか?

三本 直実
奉仕社は高収益、高収入で社員の幸せを一番に考える会社です。

中途採用者向け会社説明会・現地見学会を随時開催しております。
お気軽にご来社ください!